ドクターウォッチTOP 時計修理 > ロレックスの時計修理

ROLEX

ROLEXオーバーホール

 高級時計だからこそロレックス修理実績多数のドクターウォッチへ

誰しも一度は憧れる高級時計「ロレックス」。名実ともに兼ね備えたその王冠ロゴは、今では世界中で大人気の腕時計として知られており、ビジネスシーン、カジュアルシーンを問わず様々なモデルが販売されております。ロレックスの代表的な特徴としては、オイスターケースと呼ばれる防水性の高い堅牢なケースを採用したほか、パーぺチュアル機構と呼ばれるいわゆる自動巻き機能で、今でこそ一般的な機能ではありますが、当時は手巻き式のゼンマイ時計しかなかっただけに大変重宝された機能を世界で始めて搭載したメーカーです。ロレックスには、定番の「 エクスプローラー」ほか、クロノグラフの王様と言われるモデル「デイトナ」、ロレックスモデル内でも一番防水性の高いと言われる 「サブマリーナ」、もっともビジネスシーンで人気の高い「デイトジャスト」など人気モデルが多数ありますが、やはり価格もそれなりに高額な商品だけに修理費用もかさんでしまうのが実情です。

 オーバーホール・メンテナンスについて

ドクターウォッチでは、年間多数のロレックス修理を承ってきた実績をノウハウを元に、正規店と同水準での修理・オーバーホールが可能です。上記人気モデルはもちろん、アンティーク物も承っております。基本的にロレックスは故障の少ないメーカーではありますが、リューズのネジ山の磨耗などが原因となるケース内の曇り等は、早期対応が好ましく、内部パーツの錆びや腐食が進行してしまいますと、修理費用も相当に高額となってしまいますので、他の時計メーカー同様に4~5年周期でのオーバーホールをおすすめいたします。ロレックスは、原則正規店もしくは公認技術店のみでしか修理を承っておらず、パーツの供給もなされませんが、ドクターウォッチで は全てにおいてロレックスの純正品を用いて、かつ純正工具を使ってメンテナンスしていきます(ただし正規店発行の修理保証書は発行しておりません)。


■ロレックス修理・オーバーホールの流れ

その1:入荷 その2:分解 その3:御見積り
入荷

分解

御見積り

修理依頼後、ドクターウォッチより専用の梱包箱と送り状を送付いたしますので、そちらにご依頼品を入れ、佐川急便にてドクターウォッチまでお送り下さい。 ご依頼内容に基づき、状況の把握や故障箇所の特定やを行います。ロレックスは最高級品だけに慎重に作業を行っていきます。 修理箇所の特定ができましたら、御見積書にて修理代金をお知らせいたします。この時点で最終的に修理をご依頼頂くかご判断下さい。
その4:洗浄・修理 その5:各種テスト その6:納品
洗浄

テスター

納品

正式にご依頼を頂きますと作業に入ります。専用洗浄機で部品洗浄を行いながら、磨耗や劣化が激しい部品をチェック、故障箇所を交換いたします。組み立ては注油を行いながら丁寧に行っています。 全ての工程が完了いたしますと、最終的に各種精度チェックに入ります。写真はウォッチエキスパートと呼ばれる機械の振動数・振り幅・進み・遅れ等をチェックする専用機です。 全ての精度テストが完了次第、作業終了となります。完了後は再び専用箱にてお客様のお手元にお送りさせて頂きます。

ロレックス修理につきましては、一度お預かりしたうえで故障箇所を特定し、交換部品等や工賃を含めて一度お見積もりさせていただきます。オーバーホールにつきましては、オメガ等と同様、一旦時計を分解し、ムーブメントのチェック、各パーツ洗浄、研磨、グリス注油等を行いながら再組み立てをいたします。外部および内部を細かに点検し、タイミング調整や防水、制度テストなどを経て新品同様の機能を取り戻します。なお、部品入手が困難な一部のアンティークモデルにつきましては、物理的に修理が困難な場合もありますが、リビルト等で対応できるものもございますので、他店での修理を断られた等がございましても、一度ドクターウォッチにご相談ください。お預かり期間につきましては、オ ーバーホールにつきましては概ね3週間前後、修理につきましては部品在庫等にも因りますが、お預かりしてから概ね1~2ヶ月前後となります。

 料金の目安について

エクスプローラー サブマリーナ デイトナ
エクスプロラー

サブマリーナ

デイトナ

\42,500~ \42,500~ \63,000~

ドクターウォッチでのロレックス定期メンテナンス(オーバーホール)は、38,900円~となっております。 原則、部品は再利用いたしますが、ゼンマイをはじめとする劣化や磨耗による部品交換はロレックス社の純正部品のみ使用いたしますので、部品入荷まで時間を要する場合があります。お電話にて料金をお問合せ頂いた場合でも、部品の劣化状態等により交換部品は異なりますので、基本料金のみのお伝えになりますこと、あらかじめ御了承下さい。 なお、他ブランド同様、ブレスレットの研磨やかしめ作業は別料金となりますので、お申込み時の備考欄に記載の旨、宜しくお願い致します。


なお、 ロレックス特有の故障箇所として代表的なものにゼンマイ切れがあります。リューズの巻きの抵抗が途端になくなったり、針が動かなくなったりした際は、そのほとんどが金属疲労によるゼンマイ破損です。ま たグリス酸化によるパーツの錆付きやリューズ不良も多く見られる事象で、リューズの抜け、リューズチューブの抜けによる水分、湿気混入など大掛かりな修理が必要とな るケースもございますので、定期的なオーバーホールなど早めの対処が望まれます。クロノモデルはストップウォッチボタンの戻り不良(プッシャー交換)や、デイトナに見られる丸穴車周辺の錆やリセットボタンの取扱い不良によるレバーの折れなどは比較的多い故障事例となります。


電池交換・時計修理依頼

 ドクターウォッチの時計修理メニュー

オメガ修理 シーマスター修理 スピードマスター修理
コンステレーション修理 タグホイヤー修理 ロレックス修理
ブライトリング修理 ブルガリ時計修理 パテックフィリップ修理
ショパール修理 IWC修理 カルティエ時計修理
ルミノックス修理 Gショック修理 シャネル時計修理
ニクソン電池交換 セイコー時計修理 その他スイスブランド