ドクターウォッチTOP > オメガのベルト、ブレス修理・交換について

オメガベルト修理

オメガ純正ベルト修理

 オメガのベルト、ブレス修理・交換について

オメガの金属ベルト(ブレス)は通常5年を経過しますと駒と駒のピンが摩耗し緩んできます。ベルトの駒自体が重量がある為にどうしてもピンが摩耗し細くなって緩んでしまい 、特に ブレスを洗浄しますと詰まった汚れが取れてはっきり緩んでいる事が分かります。その際には専用ピンを交換しませんと直ぐに緩んでしまい、場合によっては時計落ちてしまいます。


早い段階で専用ピンを交換する事をお勧めいたします。 ドクターウォッチではご要望の多い専用ピンの販売及び修理交換を受け賜わっております。ご不明な点は何なりとお問合せをお願いたします。

 オメガ金属ベルト(ブレス)修理 / 補修部品

オメガモデル 中留表示コード 部品名 セット セット価格 申込み
シーマスター
81013-1465/453
1465/453 ピン 1 1,500円 購入
パイプ 1
スピードマスター
81013-1498/840
1498/840 ピン 1 1,500円 購入
パイプ 1
スピードマスター
81013-1499/840
1499/842 ピン 1 1,500円 購入
パイプ 1
シーマスター
81001-1501/823
1501/823 ピン 1 2,000円 購入
パイプ 2
シーマスター
81002-1502/824
1502/824 ピン 1 2,000円
パイプ 2
シーマスター
81003-1503/825
1503/825 ピン 1 2,000円 購入
パイプ 2
シーマスター
81004-1504/826
1504/826 ピン 1 2,000円
パイプ 2
シーマスター
81005-1523/825
1523/825 ピン 1 2,000円
パイプ 2
シーマスター
81006-1560/852
1563/850 ピン 1 1,500円
パイプ 1
スピードマスター
81006-1563/850
1563/850
 1560/852(兼用)
ピン 1 1,500円 購入
パイプ 1
コンステレーション
81007-1552/862
1552/862 ピン 1 1,500円 購入
パイプ 1
シーマスター
81015-1574/898
1574/898 ピン 1 1,500円
パイプ 1
シーマスター
81013-1580/952
1580/952 ピン 1 1,500円
パイプ 1
シーマスター
81008-1610/930
1610/930 ピン 1 1,500円
パイプ 1
スピードマスター
81009-1998/840
1998/840 ピン 1 1,500円
パイプ 1
中留スライドネジ
81012
共通 スライドネジ 1 1,500円 購入
ウォッチハーバー

※価格は税別で表示しています。
※互換コードは多少サイズが異なります。
※1560/852と1563/850は全て共通
※ベルトピンとエンドピンと中留ピンの共通は製品番号が同一です。
※この中留表示コード以外の場合にはお預かりのうえ、修理させていただきます。


その他 種別 価格 申込み
オメガ純正金属ベルト 新品 54,000円~110,808円

 価格について

ブレスバンドのピンの緩みや外れは、単純にピン・パイプのみの交換で済む場合がほとんどですが、ピンの外れが1箇所の場合でも、その周辺も緩んでいたり外れ掛かっているケースが殆どですので、一度全てのピンの緩み等をチェックされることをお勧めいたします。オメガのブレスバンドは 上記写真のように、4桁の中留表示コード(ベルトコード)が刻印されておりますので、このナンバーに対応したピンに交換します。ベルト以外のバックル部のピン(エンドピン)交換も対応可能です。オメガのベルト(ブレス)は高額なベルトですので、電池交換の際にはべレス洗浄し点検することをお勧めいたします。


ピン修理箇所 技術料
1~2カ所 4,000円
3~5カ所 5,000円
6~9カ所 6,000円
10カ所以上 7,000円

※価格は税別表示です。 ※技術料には、点検及びベルト洗浄を含みます。
※オメガ専用ピンとパイプ/スライドネジ/エンドピンは「ウォッチハーバー」で販売しています。


中留修理価格例:オメガ
通常タイプ(噛合わせ)\7,000
プッシュ式(部品+技術料)\9,000

 

1、中留表示コード(ベルトコード)について

中留表示コード1

オメガのステンレスブレスレットは、コマとコマの間に小さなパイプが入っており、ベルトをつなぐピンはパイプへの圧入によって留まっておりますが、年数経年による劣化や摩耗などによりピンが細くなることで、緩みが生じてくるケースがほとんどです。
ピンが緩んだ状態でご使用を続けると、いずれかのタイミングでピンが抜け、腕からの脱落・破損の危険を伴いますので、1箇所でも緩みが見つかった際には早めの対処が必要です。



中留表示コード2

左写真のように、オメガのブレスバンドのバックル部に刻印されている4桁/3桁の中留表示コードに対応するピン、パイプは上図の通りで、1セット価格は1,575円(税込)前後となります。
ステンレスベルトは水に強いのは事実ですが、コマの結合部となるピンやパイプの錆を進行させますので、手洗い後などはよく水気を切り、乾燥させることをオススメいたします。



2、ベルトピン・パイプについて

中留表示コード1

オメガのピンの抜け落ちは定番の修理内容となり、オメガに関しては純正パーツを在庫しておりますので迅速な交換が可能です。バックル部のピン落ちやピン折れも対応可能ですので、お気軽にご相談下さい。
なおステンベルトの着用は1コマ分余裕を持たせるのが一般的で、ぴったりの状態が続くとピンやパイプに負荷がかかり、早期変形やピン破損の原因となりますのでご注意下さい。特にタグホイヤーなど特殊形状のブレスはピンに掛かる負担も大きいため、定期的な点検や交換をオススメします。


3、中留スライドネジ

中留表示コード1

中留スライドネジは、中留板のスライドを固定するネジでこちらが破損すると、ベルトを外した時点でバックルが抜け落ちてしまいます。
小さな部分だけに気付かない場合が多く、修理依頼としても非常に多い箇所となります。こちらも純正パーツがございますので、簡単な交換で済む場合がほとんどです。部品単体の販売も可能ですので、 お気軽にご相談下さい。




腕時計のベルト

オメガベルト・ブレス修理 オメガ エンドピン・中留ピンの交換
男性用革ベルト(ブライトリング) 男性用革ベルト(パネライ)
男性用革ベルト(MILANZE) 男性用金属ベルト
女性用革ベルト  


時計の電池交換や修理のご依頼はこちらから
電池交換・時計修理依頼