ドクターウォッチTOP 時計修理 > オメガ・スピードマスター修理

オメガ・スピードマスター修理

 オメガ・スピードマスターの修理・オーバーホール

1969年に行われたアポロ11号の月面着陸時に、宇宙飛行士が腕に着けていた時計がまさにオメガのスピードマスター・プロフェッショナル。宇宙飛行に使用される時計に選ばれるには、厳しい環境下でも耐えうる温度・圧力・振動・真空などの耐性テストへの合格が必要不可欠になります が、そんな耐久テストをクリアしたのがこのスピードマスターです。スピードマスターは、世界最高基準のスポーツウォッチであり、 機構が非常にシンプルであるにもかかわらず、多重ケースによって高い耐久性を実現していることが人気の秘訣です。現在では、進化系モデルとして「スピードマスター・スカイウォーカー」が発売されており、時・分・秒、アラーム、クロノグラフ、ストップウォッチ、カウントダウン機能の全てをデジタル表示させ、より宇宙空間のような過酷な現場での見易さ・使い易さを追求しています。


もともと過酷なレーシング競技に使用できる耐久性を基本コンセプトとして掲げ開発されてきたスピードマスターは、当初ダイヤルに書かれていたタキメーターをべゼルへ移動させたことで、プロレーサーからの支持を得るきっかけとなりました。「オメガ スピードマスター レーシング」は、スピードマスターには欠かせないスポーツウォッチとしての象徴的な機能であるタキメーター付きべゼルの精度をプロのレーシング競技に対応できように特化されたモデルで、内部部品に使われるゼンマイを磁力が帯びないシリコン製を使うことによって、時間のズレがないよう最大限工夫しています。また、ブラック系の色で塗装されたべゼルは、男らしく頑丈なデザインを演出し男性からの支持を集めています。

 スピードマスターの修理・オーバーホールの流れ

スピードマスターの魅力は、各モデルごとに搭載されている複雑機構であるクロノグラフの高機能性でありますが、オメガシリーズの一つであるシーマスターとは違い、防水性に強い時計ではありません。 通常、問題のない汗や水滴でも、リューズ・プッシュボタンの経年劣化による緩み、裏蓋につけられているパッキンの劣化で、汗や水滴が混入し内部部品が錆びてしまうことがありますので、定期的なオーバーホールが必要になります。また、クロノグラフ特有の故障に挙げられる12時計が勝手に動き出すトラブルは、通常ストップウォッチ機能を使用しない限りは、内部の歯車によるストッパー機能が働くはずが、長期の使用により歯車の摩擦によって劣化を起こし、ストッパーの機能が働かず勝手に動き出してしまうことがあります。スピードマスターシリーズは手巻き式のものが多く、ゼンマイを巻き上げる際の衝撃や老朽化によりゼンマイが切れてしまうことがあります。また、風防にプラスティックを採用していることで風防割れなどのトラブルも多く見受けられます。


1、外観確認および分解

外観確認では、リューズやボタンが正常に機能しているかどうか、異音の発生等の確認等を行います。オーバーホールは分解整備となりますので、ケースを開けて初めて不具合や部品の寿命が発覚するケースもございます。ケースパッキンは都度交換となりますが、その他部品の不具合や寿命等が確認された場合は、再度御見積りをさせて頂きます。


2、パーツ洗浄

オーバーホール作業の要となる行程で、専用の洗浄機で部品洗浄を行います。錆付きなどがある場合には部品磨きも行いますが、腐食が進行している場合には基本的に部品交換となります。各部品の腐食が進みますと、オーバーホール費用も高くついてしまうため、何らかの外的ショックによる時計の気密状態悪化や、水没等の不慮の事故に見舞われましたら、早い段階でのオーバーホールをおすすめいたします。


3、注油および組み立て

洗浄後、ケーシングと呼ばれる分解した各部品の再組立てという最も重要な行程となります。注油作業は、必要な箇所に不足すると異音発生等の原因となりますし、ヒゲゼンマイなどの箇所に注油してしまうと精度低下や故障の原因となりますので、洗練した技術者の腕のみせどころとなります。


4、研磨(別途料金)

ケースやブレスレッドなどの磨きを行い、新品同様の輝きを取り戻します。(大きな傷などは研磨では消えません)


5、精度確認、各種テスト

組み立て終了後は、各種機能チェックや性能チェック、防水テスト(アンティーク時計など漏水の恐れがあるものは実施いたしません)、実測テストなどを経てお客様の元へお戻しする流れとなります。一連のオーバーホールの作業期間は、概ね1ヶ月~2ヶ月程度を要します。

 料金の目安について

ドクターウォッチでのオメガ定期メンテナンス(オーバーホール)は、20,000円(税別)~となっております。外装部品や回路、ゼンマイ等の主要部品以外の消耗部品は純正品を交換させていただきます。年数や使用頻度、使用状況により部品劣化の状態はマチマチですので、お預かり時に点検をさせていただき、修理価格が変更になる場合は事前にメールにてご連絡をいたします。 また、時計の内部への水入り等で腐食やサビが発生している場合には出来るだけ早くご相談をお願いいたします。実際に修理価格が具体的にお知りになりたい方は、見積りキット(点検料+送料)でご対応させていただきますので何なりとご相談をお願いいたします。

 点検料(時計修理のお見積金額のご提示)

オメガの場合は ¥2,160+送料¥1,080=¥3,240(税込)となります。
修理を実行された場合には点検料は掛かりませんのでご利用をお願い申し上げます。
※分解修理に関する交換部品は全て純正品を使用しております。
※ベルト・中留の修理及び純正品との交換も承っております。


電池交換・時計修理依頼

 ドクターウォッチの時計修理メニュー

オメガ修理 シーマスター修理 スピードマスター修理
コンステレーション修理 タグホイヤー修理 ロレックス修理
ブライトリング修理 ブルガリ時計修理 パテックフィリップ修理
ショパール修理 IWC修理 カルティエ時計修理
ルミノックス修理 Gショック修理 シャネル時計修理
ニクソン電池交換 セイコー時計修理 その他スイスブランド