ドクターウォッチTOP 時計修理 > Gショック(G-SHOCK)

Gショック

Gショック時計修理

 Gショック時計修理や電池交換、修理ならドクターウォッチにお任せ下さい!


Gショック・スタンダード 国内メーカー「CASIO」が販売するGショック(G-SHOCK)は、タフネスさを一番のセールスポイントとして機能性と堅牢性を兼ね備えた日本国内でも非常に人気の高い時計です。1983年に発売されて以来、G-SHOCKの定番と呼ばれる「ORIGIN」モデルをはじめ、堅牢性を強化した「Master of G」、主に女性向けのモデル「BABY-G」など様々なモデル展開も行いながらも進化を遂げ、全世界的にベストセラーとなり、いまではその名を知らない人はいないという位にメジャーモデルとなりました。

当初は「アイスホッケーのパックにしても壊れない」、「象が踏んでも壊れない時計」というキャッチが非常に印象的ではありましたが、実際に落下強度10m、防水性能10m、電池寿命10年という開発目標を掲げ、耐衝撃に関しては非常に優れていることから軍隊や特殊部隊などで正式採用されるなど、機能面でも信頼性が高いことが証明されています。

 Gショックの電池交換

Gショックの電池交換は、新旧モデルを問わず対応しております。
電池交換時には同時に防水検査とパッキン交換をすることをお勧めいたします。ドクターウォッチでは、電池交換の場合でも時計のコンデションのチェックをおこないます。 今まで使用していた電池の状態、回路点検、時計内部のオイル劣化と汚れの状態を確認いたします。電池交換と防水検査をお申込みの場合は、電池交換時の点検と防水検査、内部湿気の状態をチェックいたします。内部の状態によっては分解掃除(オーバーホール)等適切に時計の状態をお知らせいたします。なお、電池交換には防水検査も一緒にご選択することをお勧めいたします。尚、Gショックの場合はパッキン交換はできませんのでご了承をお願いいたします。


モデル メンテナンスサービス
電池交換のみ 防水検査 電池交換パッケージ
(防水検査・パッキン交換・ブレス洗浄)
2針・3針 ¥3,000 ¥1,000 ¥5,000
クロノグラフ ¥3,000 ¥1,000 ¥5,000
※モデルよって電池が複数個使用されている場合がありますので、その場合は上記金額に電池1個あたり+800円(税別)加算となります。
※ウレタン樹脂の劣化により、裏ブタネジが外せない場合は、電池交換が出来ない場合ございます。

▼Gショック 電池交換お申込みはこちら

 Gショックのベルト修理

Gショック・タフソーラードクターウォッチでは熟練した技術者がお客様の不満にお応えするよう対応させていただきます。


ベルトの緩みをはじめ、中留(バックル)の不具合の修理を受付しております。中留(バックル)の修理は、部品の破損がない場合にのみ修理対応が可能です。ウレタンベルトの場合、経年劣化等により硬化・ひび割れが生じている物は交換をおすすめいたします。 純正品のベルト、または汎用品のウレタンベルトへの交換対応も可能ですのでご相談をお願いいたします。ベルト交換の場合、ベルト単体での交換とケース一体型の場合は、ケース+ベルトの交換となります。


ブレス修理(税別)
作業箇所 中留バネ緩み ベルト緩み(2ヶ所)
通常モデル ¥7,000 ¥6,000
  • モデルにより料金は多少変わりますのでご了承ください。

 Gショック(全モデル)修理・修理費用の目安(税別)

モデル(The G・Baby-G・Master of G・Standard・ORIGINほか全モデル) ムーブメント交換 ベルト交換 遊革交換
ベルトのみ ケースとベルト
クオーツ 2針・3針 ¥12,000~ ¥8,000~ ¥10,000~ ¥2,000~
クロノグラフ ¥15,000~ ¥8,000~ ¥10,000~ ¥2,000~
※メーカー部品供給が7年程度となりますので、その期間内でしたら修理可能です。  

 修理・オーバーホールの流れについて

修理の流れ


1、外観確認と内部点検、故障箇所確認

オンラインフォームからのご依頼後、お客様ご住所宛に専用箱をお送りいたしますので、この専用箱に時計を入れドクターウォッチまでご返送下さい。故障箇所や時計の状態を確認したうえで、正式な御見積り金額をご提示させていただきます。


2、正式な修理見積もり

現物を確認後、修理が必要な箇所と修理代金をご登録されたメールアドレスにお知らせいたします。
お客様の大切な腕時計が一番よい状態でご使用でき、且つ最低限の費用で修理見積もりをご連絡をいたします。金額に変更のない場合には、そのまま修理を進行をさせていただきます。


3、修理進行

お客様からご返事をいただき、修理進行をさせていただきます。
修理代金のお支払について、御見積り金額に変更が生じた場合はクレジットのお支払いの決済金額の変更をさせていただきます。


4、修理完了

分解掃除(オーバーホール)の場合は、修理完了後、測定器で測定しながら最終調整を丁寧におこないます。その上で実際に時計の針を動かし(ランニングテスト)各機能の点検をおこない時計の最終仕上げをおこないます。


5、ご発送のご連絡

作業終了後、発送のご連絡をEメールにておこないます。
お支払が代引きの場合には、お届け時に現金にて宅配業者にお支払ください。
クレジット払いのお客様には、既にお支払処理は完了していますのでそのままお受取ください。


6、お受取りごの修理保証

分解掃除(オーバーホール)を行った場合には、1年間の保証をさせていただきます。
なお、部分修理と電池交換での修理保証はございませんので予めご了承をお願いいたします。

 Gショックの時計修理やオーバーホールのお申込みはこちらから

時計修理依頼

 ドクターウォッチの時計修理メニュー

オメガ修理 シーマスター修理 スピードマスター修理
コンステレーション修理 タグホイヤー修理 ロレックス修理
ブライトリング修理 ブルガリ時計修理 パテックフィリップ修理
ショパール修理 IWC修理 カルティエ時計修理
ルミノックス修理 Gショック修理 シャネル時計修理
ニクソン電池交換 セイコー時計修理 その他スイスブランド

▲Gショックの修理・電池交換トップへ戻る