ドクターウォッチTOP 時計修理 > タグホイヤーの時計修理

タグホイヤー修理

タグホイヤー

 ドクターウォッチのタグホイヤー修理

長年の間、幅広い年齢層に支持されている時計と言えばタグホイヤー。150年という長い歴史と革新的な時計造りで数多くの人々を魅了してきた高級時計のメーカーです。ドクターウォッチでは、人気のモデルのアクアレーサーやカレラをはじめ、年代もののダイバーまで、様々なモデルの修理実績があり、様々な故障事例にも対応可能です。修理代金は¥18,900~からと正規店での修理が高額すぎて二の足を踏まれている方でも安心してお預けいただけます。特に機構が複雑なクロノモデルが多いタグホイヤーは、専門的なノウハウおよび知識が必要となりますので、タグホイヤーの修理等でお悩みの際は、ぜひ一度ドクターウォッチにご相談ください。


タグホイヤー タグホイヤーは、モデルによっては500m防水という高性能なものもあり、故障箇所によっては高額になってしまうケースもございます。そのような事を避けるためにも、やはり3~5年周期程度での定期オーバーホールをおすすめしております。


全般的に作りはしっかりしており、特有の故障箇所というのは数少ないのですが、故障事例といたしましてはベルト部分のピン折れ、クロノモデルのストップウォッチボタンの外れや、潤滑油劣化による摩耗や異音、パッキン劣化による浸水 、文字盤の塗装剥がれなどがあり、特にブレス部分のピン折れはモデル問わず多い傾向にございます。お客様にとって大切な時計だけに、末永くお使いいただけるようしっかりと修理させて頂きます。

 オーバーホール・メンテナンスについて

オーバーホール(分解掃除)ではムーブメントの全ての部品を分解し、耐久性の高い特殊なオイルで1つ1つの部品を洗浄をいたします。洗浄しながら部品の磨耗や破損等を点検し、再組み立ておこないます。交換部品は全て純正品を使用いたします。定期的にメンテナンスは自動巻(機械式)では3年~5年を目途に、クオーツ式の場合は5年程度を目途にメンテナンスをお勧めしております。 お預かり期間は、修理箇所等の兼ね合いもございますが、概ね1~2ヶ月程度となります。
作業工程の詳細は、オメガ修理ページをご参照下さい。

 タグホイヤー主要モデルの修理・オーバーホール費用の目安 (金額:税別)

モデル オーバーホール ベルト修理
(1ヶ所)
中留修理
クオーツ 2針・3針 ¥20,000~ ¥6,000~ ¥7,000~
クロノグラフ ¥33,000~
機械式 2針・3針 ¥33,000~
クロノグラフ ¥38,000~
クロノグラフ(複雑) お見積り
エレクトロ・メカニカルムーブメント(Calibre S) お見積り

 タグホイヤー主要モデル電池交換費用 (金額:税別)

クオーツモデル 電池交換 防水検査
(オプション)
電池交換+オプション
(防水検査・パッキン交換・ブレス洗浄)
2針・3針
クロノグラフ
¥2,500 ¥1,000 ¥4,500
エレクトロ・メカニカルムーブメント(Calibre S) ¥3,500 ¥1,000 ¥5,500

 タグホイヤー修理事例

修理事例その1 修理事例その2
事例1 事例2

モデル:WG1320-0

モデル:CG1110-0

症状:オーバーホール(分解修理)

症状:浸水による錆付き

時計内部および外部の洗浄、パーツの洗浄および研磨、内部腐食の点検、リューズのガタ付き点検、不良部品の交換、注油、精度点検、パッキン交換、ブレスレッド研磨、ほか

時計内部および外部の洗浄、パーツ洗浄および研磨、ゼンマイ交換、その他不良部品の交換、錆落とし、注油、精度点検、パッキン交換、ブレスレッド研磨、ほか

費用:20,000円(税別)

費用:38,000円(税別)

電池交換・時計修理依頼

 ドクターウォッチの時計修理メニュー

オメガ修理 シーマスター修理 スピードマスター修理
コンステレーション修理 タグホイヤー修理 ロレックス修理
ブライトリング修理 ブルガリ時計修理 パテックフィリップ修理
ショパール修理 IWC修理 カルティエ時計修理
ルミノックス修理 Gショック修理 シャネル時計修理
ニクソン電池交換 セイコー時計修理 その他スイスブランド